シミ 予防

シミは出来る前に予防しよう!

シミ 画像

シミには様々な種類がありますが、シミが出来る前にケアする
予防がとっても大切なんですよ。

 

今回はシミの予防についてご紹介します。

 

 

日焼け対策

 

シミを作る最も多い原因は紫外線です。
紫外線対策は夏だけではなく冬も行いたいところです。

 

基本的には日焼け止めを塗り、帽子や日傘などを使って
紫外線を防ぎましょう。

 

日焼け止めの使い分け

日焼け止めにはSPFとPAで表示されるカバー出来る紫外線量が
記載されています。日焼け止めは効果が強ければ強いほど肌への
負担も大きくなりますから、用途によって使い分けることがベストです。

 

クレンジング

日焼け止めにはウォータープルーフになっているものもあり、
通常の洗顔では落ちないこともありますから、しっかりクレンジングで
肌から落とすことが基本です。

 

 

保湿をする

保湿を行うと肌の新陳代謝が促進され、ターンオーバーが整うため、
メラニン色素を排出することが出来ます。朝晩、洗顔やシャワー後に
しっかり化粧水と乳液を使って肌を保湿してあげましょう。

 

 

前日にパックをする

夏の季節にはレジャーや海水浴、キャンプなど多くのイベントが
盛りだくさんのはず。紫外線を多く浴びそうな日の前日には
いつもよりも質の高い保湿をしておくことが必要です。

 

そのために保湿成分たっぷりのマスクやパックをして肌を
健康に保っておきましょう。日焼け止めクリームの刺激も
緩和してくれます。

 

 

紫外線の多い時間に出歩かない

1日の中で紫外線が多いのは10時から14時の間と言われています。
ウォーキング、ランニングや買い物など、この時間帯には
出歩かないほうがベストです。

 

 

質の良い睡眠を取る

肌の新陳代謝は深夜10時から2時までの間と言われています。
いわゆる肌のゴールデンタイムです。この時間帯に眠っていると
成長ホルモンが分泌され、肌細胞が新しく生まれ変わるのです。

 

肌ダメージも修復されますから、夜更かしなどせず深夜12時までには
ベッドに入っておきたいものです。

 

 

食事で予防

 

シミを予防出来る食事や食品があります。毎日の生活の中に
積極的に取り入れることでシミを事前に予防することが出来ます。

 

 

ポリフェノール

植物が持つ生体防御物質の総称がポリフェノールというものです。
主に赤ワインに入っていることでも知られていますね。
コーヒーのポリフェノールは抗酸化作用が高く、肌を若々しく見せ、
シミ予防にも効果的だと言われています。

 

シミ予防にはポリフェノールを1000から1500mを1日に摂取すると
良いでしょう。

 

ビタミンC

抗酸化作用を持っており、メラニンの生成を抑え、色素沈着も
予防してくれる優秀な成分です。
コラーゲンの生成にも欠かせない存在となっているため、
美肌を作るにはビタミンCが欠かせない存在となっています。

 

ビタミンE

メラニン排出をサポートし、シミやシワ改善につとめてくれます。
キウイやかぼちゃ、大豆やアーモンドなどに含まれます。

 

コラーゲン

肌の弾力を保っているのがコラーゲンです。何故シミの予防に
コラーゲンが必要なのでしょうか。
実は肌細胞内のコラーゲンが不足するとシミやシワの原因になるのです。

 

 

以上、シミを事前に予防出来る食品をご紹介しました。
その他、コエンザイムQ10もシミシワに効果があります。

 

コーヒーなどはブレイクタイムに飲む人もいますから、
そんな効果を感じつつドリンクを飲むのも良いでしょう。
またビタミンCは蓄えておけませんので、1日1日必要量を
摂取したいところですね。

 

 

日焼け後のケア

うっかり日焼けをしてしまった場合のシミ対策をご紹介しましょう。

 

患部を冷やす

日焼けをしたら、気付いた時すぐに患部を冷やすようにします。
水、タオルなどで冷やして熱を取ります。赤くなっている場合は
タオルを巻いて、その上から冷水を5分くらい流すと良いでしょう。

 

肌に優しいスキンケアを

肌が炎症を起こしている可能性のある日焼け後の肌には、
スキンケアが刺激になることも多いのです。
出来れば敏感肌専用のスキンケアに切り替えておきましょう。

 

乳液も油分が多すぎると炎症の火照りの原因になりますから、
肌に優しい処方のスキンケアアイテムをいつも常備しておくと
安心出来ますね。

 

美白化粧品

将来のシミを作らないためにも日焼け後は美白化粧品が活躍します。
しかしこれはシミを薄くすることは出来ても完全な治療とまでは
いきません。
ビタミンCの入ったローションパックをするなど、応急処置をしましょう。

 

 

まとめ

どうしても暑い季節になると紫外線に当たることが多くなります。
それがシミを作る原因になるのです。

 

実際、シミが出来た女性にアンケートを取ると、紫外線の影響で
シミが出来たと答える人が大多数いるのです。

 

シミがあるのとないのでは第一印象も大きく違ってきます。
将来シミのない肌で若々しくいるためにも、
今、シミの予防を行っておきましょう。

 

 

 

シミ薬ランキング