シミ 対策

出来てしまったシミを効果的に対策する

原因が複雑な大人のシミ

シミ 画像

多少日焼けをしても若い頃なら秋冬になれば肌は正常な色を
取り戻していたはずですが、大人になるとそうもいきません。
いつまでも肌くすみが取れないままだったりしますよね。

 

そして突然現れるシミにビックリすることも多いようです。
特に30代を迎えてくると単なる紫外線の影響だけでなく
ストレスや女性ホルモンも関係してくるようです。

 

その他肌への刺激によって出来る炎症性色素沈着などのシミ、
遺伝的要素のあるそばかすなど、大人のシミは原因も複雑なんですよ。

 

 

肝斑とは

シミの1つとして例にあげられるのが肝斑です。
これが肝斑でこれがシミ、というように明らかに区別出来るものではなく、
個人差もあります。目安として言えるのはシミとして現れている
部位、そして形です。

 

頬骨が中心

一般的に肝斑は頬骨の付近を中心に左右対称で出てくるという
特徴があります。頬骨からこめかみにかけて広がることもあります。
額や口の周りにも広がっているなら肝斑を疑っても良いでしょう。

 

シミの見分け方は難しい

実は皮膚科医ですらシミと肝斑の見分けは難しいようなのです。
思い込みも危険ですから、いきなりレーザー治療などを受けることは
やめておきましょう。

 

 

女性にシミが出来やすいのは何故?

全てシミを作る原因の代表と言えば紫外線です。
肝斑の場合も例外ではありません。紫外線に当たれば
出来やすくなるメカニズムは同じとみて良いでしょう。

 

しかしシミの悩みを抱えるのに女性が多いのはどうしてなのでしょうか。
男性は出来にくいのか?疑問に思う人もいるでしょうね。
男性は女性より皮膚が厚く、丈夫になっているというのも理由の1つです。

 

またそれ以上に影響があるのが、女性のほうが肌を触る機会が
多いという点です。

 

メイクやスキンケア

毎日のメイク、それも実は肌に負担をかけているのです。
メイクの後はクレンジングに洗顔、スキンケア、男性と比べると
倍以上も肌を触っています。

 

しかしだからと言ってスキンケアをおろそかにしてしまうと逆に
肌が乾燥したり荒れてしまいます。
また化粧ノリを良くしようと行う顔剃りもNGです。
正しいスキンケア方法を改めてみると良いでしょう。

 

眠っている間に・・・

さらに眠っている間の摩擦や顔にかかる毛髪、目をこする等など、
これらも肌の状態を考えると出来るだけ避けたいものです。
目薬をさす時、目の下にティッシュを添えるなど、小さな刺激にも
シミが出来る前に敏感に対応したいものですね。

 

 

積極的に摂りたい成分

シミの原因は1つではありませんから肌のお手入れプラスαが必要です。
シミ対策にはビタミンCが有効なことは誰でも知っていますが、
他にも美白やシミに対抗出来る成分があります。

 

L-システイン

小麦発芽や大豆、はちみつなどに含まれているアミノ酸の一種です。

 

アスタキサンチン

サケやイクラ、エビやカニなど海の幸に含まれている成分が
アスタキサンチンです。赤い色素をしています。

 

トラネキサム酸

最近ポピュラーとなってきた成分で、美白やシミに効果的であると
言われている評判の成分です。
もともと止血剤や抗炎症剤として使われてきました。

 

 

食べ物でシミ対策をしよう

簡単な目安でシミ対策を行うのであれば、
日々の食生活から見直すと良いでしょう。

 

トマト、ピーマンに含まれる色鮮やかな食材は
肌のためにも健康で効果的です。

 

抗酸化作用のある野菜は美白にも有効なのです。
またゴーヤなど南国系の野菜や果物も肌の抵抗力を高めてくれます。
メラニンを押し出すサポートをしてくれます。

 

しかし注意したいのは南国の食べ物は身体を冷やすという点です。
食べ過ぎに注意しましょうね。

 

 

まとめ

シミ対策のポイントとして、出来てしまったシミへの対処と
シミを作らせないという2つのタイプからアタックしたほうが有利です。
今身近にあるスキンケアアイテムや日ごろの生活を思い返してみましょう。

 

出来てしまったシミには対策を、将来の肌のことを考えると
対策が必要なことが分かってきます。

 

大人のシミの対策に諦めはダメです!
対策次第ではシミも薄くなりますので、長期戦で臨みましょう。

 

 

 

シミ薬ランキング