シミ 種類

シミの種類は意外に多かった!?

シミ 画像

シミと言ってもイメージするシミは1種類ではありません。
そもそもシミという言葉自体、医学用語ではないんですよ。

 

シミは服についたしみに似ていることから出来た
俗語と言われています。

 

シミを改善するにはシミの種類について知らなければなりません。
医学的には6種類のシミがあると言われています。
まずシミの種類について覚えておく必要があります。

 

 

シミの種類

 

老人性色素斑(ろうじんせい・しきそはん)

普段私達が「シミ」と読んでいるものがこれにあたります。
紫外線のダメージで出来るシミですね。

 

初期の段階はとても薄く、しかし時間が経つにつれ
広がったり濃くなったりします。

 

初期の段階なら美白化粧品でも対応出来ますが、
基本的にはレーザーで除去します。

 

肝斑(かんぱん)

30代から40代にかけて目尻の下あたりに左右対称に出来るシミのことです。
生理不順や妊娠、ピルを使った場合などに発症することが多いようです。

 

通常のシミにそっくりなため、見間違えることもあります。
レーザー治療では難しいので改善方法としては内服薬があります。

 

トラネキサム酸が含まれる内服薬を数ヶ月服用することで
肝斑をキレイに改善することが出来るのです。

 

雀卵斑(じゃくらんはん)

いわゆるそばかすのことです。生まれつき顔に天状でシミが出来ています。
美白化粧品で薄くなることはあっても完全に消すことは出来ません。
レーザー治療が一般的です。

 

ただ、遺伝的な要素が強いので、再発しやすいと言われています。

 

炎症性色素沈着(えんしょうせい・しきそちんちゃく)

にきびが治ったり虫さされが治ったりした後、一時的に出来るシミ。
傷怪我などにより炎症を起こした皮膚が一時的に濃くなることがあります。

 

放っておいても自然に消えるシミですが、時間がかかると言われています。
早くても数ヶ月、長くて3年もかかると言われます。

 

早めにケアしたいのであれば、ピーリングが効果的です。

 

脂漏性角化症(しろうせい・かくかしょう)

いぼのように出来るシミのことです。
濃くなったり広がったりする特徴を持っています。

 

また数年渡り放っておくと皮脂が混じり、
いぼのようなでっぱりが出てくるのが特徴です。
美白化粧品は殆ど効果はありません。

 

花弁状色素斑(かべんじょう・しきそはん)

紫外線を浴びたとき、肩から背中にかけて広い範囲で出来るシミです。
美白化粧品は殆ど効果が出ず、一般的にはレーザーによる除去が
必要となってきます。

 

 

このようにシミの種類にも色々あり、またそれに応じて対応策や
改善策も異なってきます。

 

一般的に私達がシミと呼んでいる老人性色素斑は美白コスメで
薄くすることは出来ても、なかなか完治までは難しいでしょう。

 

 

シミの原因について

 

主なシミの原因について記述しておきましょう。
当てはまる項目があるのなら、要チェックです。

 

紫外線の刺激

紫外線の刺激によりメラニン色素が活発になる

 

年齢

年齢を重ねると皮膚細胞の再生や修復機能が低下する

 

喫煙

タバコによる健康被害はシミ以外にも多いのですが、
ビタミンCを破壊したり有害物質の影響で肌のダメージが酷くなります。

 

生活習慣

睡眠不足やストレス、慢性的疲労により細胞に錆びが出てきてシミになる。

 

冷え

冷え性などの女性は要注意です。血行不良によって皮膚細胞へ届くはずの
酸素や栄養素が補給されず、老廃物が排出出来ずにそのまま
溜まったままになり、肌が汚れてしまうのです。

 

ホルモン分泌

ホルモンの分泌の減少によって皮膚細胞の再生能力が低下する。

 

 

ここで注目するとすれば肌細胞の再生が難しくなるという点です。
肌のターンオーバーが整っていなければメラニンの排出が難しくなります。

 

28日周期で入れ替わる肌のターンオーバーが
しっかりしていれば、通常のシミは排出されるんですよ。

 

そのため、週1回のピーリングや健康的な生活を送ることにより、
シミを改善することが出来ると言えます。

 

 

 

シミ薬ランキング