シミ 効く 食事

シミに効く食べ物にはどんなものがある?

シミ 効く 食事 画像

シミが出来る原因は自然老化によるものが20%と言われています。
では残る80%は何なのでしょう。それは紫外線によるものなんですよ!
紫外線の影響が凄いことがわかったでしょう。

 

紫外線を浴びると肌が酸化し、シミやシワが出来るのです。
これを食べ物で補い、シミに効果的にアプローチしてくれるもの
あるのでしょうか。

 

 

肌の酸化を防ぐ食品たち

 

コーヒー

意外なものと思われがちなのがコーヒーです。

 

コーヒーにはポリフェノールが含まれており、含有量は赤ワイン並みなんですよ。

 

ポリフェノールには抗酸化作用が多量に含まれ、コーヒーをよく飲む人は
極めてシミが少ないのが特徴となっています。
特に1日2杯以上コーヒーを飲む人は効果が実証出来ているようです。

 

しかし摂取してからポリフェノールは2時間程度で消えますから、
こまめに飲むのがポイントでしょう。コーヒーを時間をかけて
ゆっくり飲む、または休憩をこまめに取ることが大切です。

 

バナナ

抗酸化力が最も強いのは実はバナナ。

 

熟したバナナは抗酸化成分が最高に含まれており、
美容ビタミンと呼ばれるビタミンB6とB2は
果物の中で最も多く含まれています。

 

値段も安いので、毎日朝食に食べるようにしましょう。

 

うなぎ

うなぎにはビタミンEやコラーゲンを多く含む食品です。

 

ビタミンEには身体から排出されるメラニン色素をサポートし、
新陳代謝をアップしてくれる作用があるのです。

 

アナゴにも同じ成分が含まれますので、うなぎが苦手な人は
あなごがオススメです。

 

緑茶とビタミンC

美白効果があるのがビタミンC、そしてポリフェノールを含む緑茶です。

 

緑茶に含まれるポリフェノールはシミの原因である活性酸素の発生を
最小限に抑えてくれる働きを持っています。

 

アボカド

アボカドにはビタミンEがたっぷり含まれます。

 

若返りのビタミンと言われるビタミンEをたっぷり摂取することにより
身体を錆びから守ってくれます。シミにも効果的です。

 

トマト

トマトにはメタボ防止に活躍してくれると注目されている食品です。

 

含まれているリコピンという成分はシミやそばかすの原因である
メラニンの生成に必要な酵素を抑制する働きがあります。

 

アボカドをサラダ仕立てにして、トマトを加えると最強コンビになります。

 

 

紫外線によくない食べ物

せっかく紫外線に良い食べ物を食べているのに、よくないものを
食べてしまってはせっかくの栄養素が勿体無いですよね。

 

そんな紫外線によくない食べ物をピックアップしてみましょう。

 

ソラレン

主に含まれるのがレモンやきゅうり、ライムやパセリです。
柑橘系の皮もよくありません。

 

アルコール

アルコールは血管を拡張し、血行促進するパワーを持っています。
お昼からアルコールを摂取するのはやめたほうが良いでしょう。
肌の炎症を起こす可能性があります。

 

食品添加物

インスタント食品や加工食品、ファストフードに大量に含まれる
食品添加物は活性酸素が出来る原因になります。
食品添加物の多いものばかり食べていると、シミの原因にもなるのです。

 

 

いかがでしたか?シミに良くない食べ物がけっこうあることに
驚いている人も多いでしょう。

 

しかし過食するのではなく、少量を摂る分には問題はないと思われます。
あまり過敏に考えすぎず、美白やシミ対策は余裕を持って行いたいものです。

 

 

まとめ

 

このようにシミを防ぐための食品はたくさん存在します。
全てを3食の食事で賄うには大変、という人には
サプリメントや医薬品の服用が手軽で経済的でもあります。

 

出来れば料理の中から成分を摂取したいものです。
しかし熱を加えれば特にビタミンCなどは逃げていきますから、
サプリメントや医薬品で補ったほうが効率が良いかもしれませんね。

 

ただ、サプリメントよりは自然食で体内に摂り入れるほうが
シミのない美肌へ近づく一歩となります。

 

 

 

シミ薬ランキング