シミ 原因

シミの様々な原因について

シミ 画像

シミになるにも色々な原因があり、シミの種類も異なります。

 

シミの原因であるメラニンについてまずはおさらいしましょう。

 

メラニンについて

 

メラニンの役割

紫外線を肌に浴びると、細胞の中の核のDNAが破壊されたり異変します。
細胞が死んだり皮膚がんを引き起こすことになります。

 

それを防ぐため、表皮の一番下にある層のメラノサイトが
メラニン色素を発生させ、真皮に紫外線が届かないようブロックします。

 

つまりメラニンの役割は他の病気や症状が出ないように、
メラノサイトで防いでいるということになります。

 

メラニンの種類

大きく分けると人間は黒人、黄色人、白人の3タイプに
分けることが出来ます。
それを分けているのはメラニン色素なんですよ。

 

メラニンにはメラニンとフェオメラニンとユーメラニンというタイプがあります。
ユーメラニンは褐色から黒色、フェラメラニンは黄色から赤色、
フェオメラニンは毛髪が金髪という特徴があります。

 

肌の色も髪の毛の色もこのメラニンのタイプによって分かれているのです。
褐色から黒色のメラニンは紫外線によるダメージを消去します。

 

しかしフェオメラニンは紫外線を浴びると逆に活性酸素を作ってしまうんです。
白人に皮膚がんが多い傾向があるのはこのことが理由の1つとして
考えられているのですね。

 

一般的にメラニンと呼ばれているのはユーメラニンとフェオメラニンの
混合体のことを言います。

 

 

シミの種類について

 

シミの種類や原因を見ていきましょう。シミと一言で言っても
いくつか原因があり、それぞれの出る症状も異なります。

 

老人性色素斑

シミの中で最も多いのが紫外線が原因のシミです。
頬骨の高いところ、コメカミに出来やすく数センチから数10cmまで
大きなシミになることもあり、平坦で広い色素班になります。

 

肝斑(かんぱん)

頬骨や鼻の下、額にも左右対称に出来る濃淡な均一なシミです。
30代から40代によく見られるシミで、女性ホルモンが関与している
と言われています。そのため妊娠中によく見られます。

 

そばかす

小さな斑点が鼻を中心に顔全体に散らばっている症状です。
遺伝的な要素が強く、小さな頃から出ているのが特徴です。
不規則な形をしており、色は淡褐色です。成長すると増えたり
色が濃くなったりします。

 

遅発性両側性太田母斑

額や目の周り、頬などに生まれつきある茶褐色のあざ。
日本人に多いと言われています。生後まもなく発症するケースもあれば、
20歳を過ぎてから出来るものもあります。

 

目の下に出来たあざやクマに間違えられやすく、美白化粧品を使っても
効果は出ません。レーザーでの治療が必要となります。

 

脂漏性角化症

いぼ状に盛り上がった状態のシミを脂漏性角化症と言います。
手の甲に出来るケースもあります。炭酸ガスレーザーで
薄くすることが出来ます。また色素レーザーを強く照射して治療します。

 

 

このほか炎症性色素沈着、摩擦黒皮症、花弁状色素斑など
シミには色々な種類がありますが、それぞれ原因や治療法は異なります。

 

そのため素人判断で美白化粧品を使ったり、高いコスメにお金をかけても
改善しないことがあるのです。

 

ですから自己流ケアはやめて皮膚科を受診することが最適です。

 

 

まとめ

 

シミの原因には紫外線によるものが最も多く、その他先天性のあるものは
生まれつきですから治療が必要になるかもしれません。

 

その他ホルモンバランスによるものやストレス、内臓のトラブルでも
シミが発生することがあります。

 

自律神経の乱れ、年齢によるものや刺激が強かったり食べ物によっても
シミが出来ることがあるので、毎日の生活を見直してみることも大切です。

 

通常は紫外線を浴びて日焼けし、シミが出来るのが普通です。
ですから日ごろから日焼け止めをしっかり塗って、アームカバーや
日傘などで紫外線を防いでおくとシミが出来るのを予防出来るのです。

 

 

 

シミ薬ランキング