シミ 薬

シミに効く薬をランキングで徹底比較|口コミで人気の薬はこちら

シミ 画像

 
 シミの無い美肌を手に入れるために必要なことは、化粧品よりも
 体内からシミの原因を解決するインナーケアです。
 
 そのために必要な成分を効果的に補えるのが、
 医薬品やサプリメントとなっています。

 

 これらを飲むことで、シミの原因であるメラニンの生成を抑え、
 肌に沈着したシミを分解し、メラニンを追い出す働きを実感できます。
 

 

シミ薬 画像

ビタミンCやL-システインなどシミ対策に効果的とされる成分は
様々な種類がありますが、こちらではその中でも特に口コミで
人気の高い、効果が実感できるシミ改善薬をご紹介します。

 

シミでお悩みの方、将来のためにシミ対策をしておきたい方は
ぜひご覧になってください。

シミ 薬 ランキング 画像

ロスミンローヤル(アインファーマシーズ)
ロスミンローヤル 画像

国内で唯一の小じわ・シミに効く医薬品
9種類の生薬を含む22種類の有効成分配合
厚生労働省が効果を認めた第3類医薬品
シミを薄くして、小じわや肌荒れを改善する女性のための保健薬
もっとも口コミ人気が高く、実力もNo.1のシミ薬。

 

ロスミンローヤル

価格・内容

主な効果

お得なキャンペーン

8,208円2,052円
(75%OFF)
270錠(30日分)
1日3回(3錠)

シミやそばかすの予防と改善
小じわやニキビ、肌荒れの改善
肩こりや腰痛、神経痛、目まい、
冷え性、のぼせ、みみなりなどの改善
栄養補給(妊娠中や授乳中、また食欲
不振時等)

 

期間限定で今なら75%OFF
定期コースなら2回目以降も
25%OFF+毎回送料無料

ロスミンローヤル レビュー 画像 ロスミンローヤル ロスミンローヤル 口コミ


シミ 薬 ランキング 画像
シミトール(水橋保寿堂製薬)
シミトール 画像

・1日2回の服用で気になるシミを治療する
・シミの改善薬「アスコルビン酸」2000mg配合
・厚生労働省が効果を認めた第3類医薬品

 

 今あるシミの色素沈着を薄くし、メラニンの新たな生成を抑え、
 シミやそばかすの発生を抑制。

価格・内容

主な効果

お得なキャンペーン

2,700円980円
(64%OFF)
180錠(30日分)
1日2回(1〜3錠)

シミ、そばかす、日焼け・かぶれによる
色素沈着の緩和、歯茎からの出血、
鼻血の予防、肉体疲労や妊娠授乳中、
老年期等のビタミンC補給

期間限定で今なら64%OFF
定期購入なら2回目以降も26%OFF
特典プレゼント+毎回送料無料
(最低3回の継続が条件)、返品保証付き

シミトール  シミトール 口コミ

 

シミトール

シミ 薬 ランキング 画像
ハイチオールCプラス(エスエス製薬)
ハイチオールCプラス 画像

・L-システインが肌の代謝を促進
・疲れ、だるさ、二日酔いの改善にも
・厚生労働省が効果を認めた第3類医薬品

 

ハイチオールCプラス

価格・内容

主な効果

お得なキャンペーン

4,200円1,865円
(56%OFF)
180錠(30日分)
1日3回(2錠)

シミ、そばかす、日焼けなどの色素沈着症、
全身倦怠、二日酔い、にきび、湿疹、
じんましん、かぶれ、くすりまけ

期間限定で今なら56%OFF

ハイチオールCプラス ハイチオールCプラス 口コミ

シミ 薬 ランキング 画像
キミエホワイト(富山常備薬グループ)
キミエホワイト 画像

・富山常備薬の社員が母親のためにつくったお薬
・顔、腕、背中のシミ・そばかすに飲んで効く
・厚生労働省が効果を認めた第3類医薬品

 

キミエホワイト

価格・内容

主な効果

お得なキャンペーン

3,800円
180錠(30日分)
1日3回(2錠)

シミ、そばかす、日焼け・かぶれによる
色素沈着の緩和、歯茎からの出血、
鼻血の予防、肉体疲労や妊娠授乳中、
老年期等のビタミンC補給

定期購入なら最大32%OFF+
毎回送料・代引き手数料無料

キミエホワイト キミエホワイト 口コミ

シミ 薬 ランキング 画像
ピュアホワイト(資生堂)
ピュアホワイト 画像

・毎日に「白」の習慣を
・古くから美容や健康に良いと知られるクコの実エキスを配合
・シミ対策の定番、ビタミンC1000mg、アスタキサンチンを配合

 

ピュアホワイト

価格・内容

おすすめの方

お得なキャンペーン

4,000円3,333円
(17%OFF)
270錠(30日分)
1日3回(3錠)

紫外線を浴びる機会が多い方
美容に高い関心のある方
積極的にビタミンCを摂取したい方

期間限定で今なら17%OFF

ピュアホワイト ピュアホワイト 口コミ

 

 

シミ 薬 ランキング 画像

潤肌爽(セイコーリンクス)
潤肌爽 画像

シミの原因を根本から手軽に解消「お客様満足度91%」
コラーゲンの第一人者、高橋教授が開発
高麗人参、コラーゲンペプチド、杜仲茶の3成分の力で、
シミ対策はもちろん、美肌効果や健康維持も
潤肌爽

価格・内容

主な効果

お得なキャンペーン

5,130円
90粒入り(約1か月分)
1日1回(3粒)

シミの予防や改善
美肌ケア、健康維持

定期購入なら61%OFF(初回解約OK)
定期購入なら全国送料無料

潤肌爽  潤肌爽 口コミ

 

 

シミ 薬 ランキング 画像

ホワイトショットインナーロックSX(ポーラ)
ホワイトショット インナーロックSX 画像

2013年ベストコスメ賞を受賞したホワイトショットシリーズ
ポーラ独自成分「ブランノール(R)」のメラニン抑制効果で
効果的なシミ対策を実現した「食べるホワイトショット」
からだの中から透明感をサポートする美容サプリ
潤肌爽

価格・内容

主な効果

お得なキャンペーン

6,480円
60粒入り(約1か月分)
1日1回(2粒)

シミの予防や改善
美肌ケア、健康維持

今なら全国送料無料

潤肌爽  潤肌爽 口コミ

 

 

当サイトのランキングは、各商品の総販売数や、顧客満足度、また各口コミサイトの
レビューや体験談などの評価を元に順位づけを実施したものとなっています。

シミに効く薬のまとめ

今回、ご紹介したシミに効く薬を項目別で比較すると、このようになります。

 

シミ 薬 ランキング

ロスミンローヤル

シミ 薬 ランキング

シミトール

シミ 薬 ランキング

ハイチオールC

シミ 薬 ランキング

キミエホワイト

シミ 薬 ランキング

ピュアホワイト

商品

ロスミンローヤル 画像

シミトール 画像

ハイチオールCプラス 画像

キミエホワイト 画像

ピュアホワイト 画像

シミ対策

シミ 薬 ランキング

シミ 薬 ランキング

シミ 薬 ランキング

シミ 薬 ランキング

シミ 薬 ランキング

健康維持

★★★★★

★★★☆☆

★★★★☆

★★★☆☆

★★★★☆

美容効果

★★★★★

★★★☆☆

★★★☆☆

★★★☆☆

★★★★☆

商品分類

第3類医薬品

第3類医薬品

第3類医薬品

第3類医薬品

健康食品

内容

270錠(30日分)

180錠(30日分)

180錠(30日分)

180錠(30日分)

270錠(30日分)

価格

8,208円2,052円

2,700円980円

1,865円

3,800円

3,333円

※シミ対策以外の美容効果(ニキビ、肌荒れ、小じわ、肩こり、腰痛、のぼせ、冷え症etc)

 

 

シミ取り、シミ対策で考えた場合、断トツでロスミンローヤルとシミトール
軍配が上がります。2つともシミに特化して作られた商品であり、
効果を認められた医薬品という点から見てもおすすめです。

 

そして、この2つの中でも特に一押しなのがロスミンローヤルです。
他に類を見ない「生薬を配合している医薬品」となっていて、
シミ対策はもちろん、健康維持や美容効果を幅広く実感できる優れものです。

 

まずは安くお試ししてみたいならシミトールがおすすめ。
より高い効果を実感するならロスミンローヤルなら優秀なシミ対策に加え
多くのメリットがあるのでおすすめです。

 

 

シミ薬 ランキング

 

 

 

肌シミの思わぬ原因を徹底解明しました!

シミの原因をご存知でしょうか?

 

乾燥肌の女性は特にご用心を。シミの原因が乾燥肌に繋がっているのです。

 

 シミ 画像

 

 

直接の要因はメラニン色素というものです。

 

肌が潤ってターンオーバーが活発な肌は、肌細胞が活発に生成されるので、
メラニンも古い角質と一緒に剥がれてくれるんです。

 

しかし肌が乾燥していると角質層が厚くなり、古い細胞が肌に
留まりやすくなっています。肌の水分が蒸発しやすく、
肌の新陳代謝も衰えます。

 

そのため、メラニンが角質と共に排出されずに体内に残るのです。

 

 

シミの原因の1つ、紫外線による光老化もですね。
年齢が上がるほどに肌の乾燥も進みます。そして症状が現れやすくなります。
メラニンが上手く排出されず、肌に残ってしまうんですよ。

 

体の代謝のピークは20歳前後と言われています。
その後は徐々に代謝が落ちますから、ターンオーバーの遅れは
ある程度は避けることが出来ません。

 

 

しかし日焼けしないよう工夫することは出来ますよね。
シミの原因である紫外線を浴びないよう、UVケアクリームを塗ったり、
日傘で陽射しをカットしたり、帽子をかぶったり・・・。

 

簡単なことでも肌をキレイに保つためには大切なことです。
40代以降は特に肌乾燥が進みますから、日常的に
肌に潤いを与えてあげるのが良いでしょう。

 

メイクの上からでもスプレー出来るローションなども販売されています。
それらをうまく使ってシミ原因の肌乾燥を抑えましょう。

 

 

シミ予防と対策のために知っておきたいこと

 

シミの多くは日焼けによって作られたメラニン色素が
肌の中に残って沈着してしまったものです。

 

ですから予防するにはまずは紫外線をカットすることが大切です。

 

 シミ 原因 画像

 

紫外線を浴びると細胞内で活性酸素が発生し、メラノサイトが刺激を受けて
メラニン色素を作り出します。

 

しかし活性酸素は紫外線以外でも発生しますから、
肌を傷つけることや活性酸素の過剰発生には注意しましょう。

 

 

新陳代謝が鈍っている肌は健康ではない肌です。

 

乾燥肌、新陳代謝が悪いとメラニン色素が排出されにくいですから、
健康な肌のため、シミ予防のためにビタミン、
ミネラルを多く摂るように工夫しましょう。

 

肌の新陳代謝を促してくれる成分ですから、毎日の食事にプラスしたいものです。

 

 

出来てしまったシミを諦める必要もありません。
薄く目立たないようにする工夫も出来るんですよ。

 

ビタミンCはメラニン色素を抑える効果があり、
出来てしまったシミを薄くすることが出来ます。

 

ビタミンCは食べ物だけで必要量を摂取するのは難しいですから、
サプリメントなどで補うようにしましょう。
ビタミンC誘導体という成分の入ったスキンケアコスメを使うことで
外側からもアプローチすることが出来ます。

 

 

予防と対策を考えると、肌に優しい生活が目に浮かびますね。
日焼け止めクリーム、日傘、サングラスなどなど、紫外線対策も様々です。

 

紫外線が強くなる6月頃からはしっかり対策を立てて、
出来てしまったものは薄く、なるべく出来ないように
肌に優しい生活を続けましょう。

シミに効く薬の賢い選び方を学ぼう

シミ対策として市販されていものは多数ありますが、選び方を間違えると
逆に症状が酷くなってしまうケースもあります。

 

正しい選び方を知って、確実にお肌をキレイに仕上げましょう。

 

 シミ薬 画像

 

まず肝班に効果があるものがあります。
日本で唯一効能効果が認められた薬です。
肝班で悩んでいる人は、これに特化した商品を選ぶようにしましょう。

 

また主成分がL-システインのものは、インナーケアをしてくれて、
体の中からシミの元の生成を抑えてくれるものがあります。
そばかすや日焼けなどの症状も緩和してくれますから、
うっかり日焼けに効果的なのです。

 

 

さらにビタミンEやビタミンB6配合のビタミンC製剤は、
メラニンの生成を抑制し、色素沈着を防止する作用があります。

 

ビタミンE、ビタミンCを効果的に配合した薬もあります。
ビタミンEやビタミンCはしみやそばかすに効果があると言われています。

 

それらが満遍なく含まれていますから、効果があると言えますね。

 

 

症状によって選び方は様々で、色々な特徴があるのが医薬品ですが
サプリメントとして販売されているものも多いようです。

 

やみくもに薬を使用するとかえって症状が悪化したり
増えてしまうこともあります。
治療薬は薬剤師さんの在沖している薬局で
アドバイスを受けながらの選び方が正しい方法ですね。

 

 

シミ薬の効果的な飲み方を発見して安心!

 

シミの薬は服用するもの、塗布するものの2タイプに分かれます。
シミの薬を効果的に聞かせるにはインナーケアも大切なんですね。

 

飲み方も正しい飲み方をしなければなりません。

 

 シミ薬 飲み方 画像

 

紫外線対策と併用すると効果はアップします。
薬局でも美白成分の入った化粧品がたくさん販売されていますが、
効果的な飲み方も覚えておきましょう。

 

 

まずは用量用法を守ることは必須です。
パッケージに記されている通りの錠剤数を1日単位で飲むことになります。
1日3回、3粒などであれば、朝昼晩と飲むようにしましょう。

 

早くシミを消したくて1日何錠も飲んでいては、
体に悪影響が出てしまう場合もありますから、
用量用法はしっかり守りましょう

 

 

またこれらの薬全般に言えることですが、飲み方として最適なのは
水で飲むことです。しかもたっぷりの水が良いですね。

 

喉の途中でひっかかってしまうような飲み方はいけません。
胃の中までスムーズに入っていくように飲みましょう。

 

さらに飲み合わせの悪い薬もありますから、併用しているものが
あるのであれば、医師に相談してからシミ対策を行いましょう。

シミの薬に副作用の危険性はあるのか?

目尻の下に左右対称に出来るシミの一種をかんぱんと呼びます。
このかんぱんには有効な治療法がないと言われてきました。

 

しかし、近年トラネキサム酸という薬がこのシミに
大変効果があることが分かってきました。

 

 シミ 薬 画像

 

かんぱんは30代から40代の女性に多く見られる症状です。
ピルなどの利用者にかんぱんが多いことからホルモンの影響も
あるのではないかと言われているものです。

 

さて、どんな有能な薬でも副作用があれば続きませんよね。
トラネキサム酸には副作用があるのでしょうか。

 

 

トラネキサム酸は以前から止血剤として用いられてきました。
重篤な副作用はありませんが、血栓症などで血栓が出来やすい人
服用を控えたほうがよいと言われています。

 

同じ理由で家族に血栓症がいる方も服用は控えたほうが良いですね。

 

血栓が詰まると心筋梗塞や脳血栓を起こす可能性があります。
それはクリニックなどで相談した際に説明があると思います。
シミの薬としては安全性が高く有能ですが、
このような危険な一面もあるのです。

 

 

市販で手に入るトラネキサム酸を含むかんぱん治療薬が
薬局などで販売されています。しかしこのようなリスクを考えると
一度皮膚科で受診して、医師の処方を受けたほうが無難かと言えます。

 

 

 

 

 

⇒ページのトップへ戻る